石垣島サイエンスガーデン

­
5 06, 2018

海外に農園を構える理由

今回は、私たちが作るパッションフルーツ製品の原料についてのお話をしたいと思います。 創業以来15年程は石垣島産にこだわり続けた私たちですが、現在は原料の90%はフィリピンの直営農園で生産しています。 なぜ海外にも農園があるの? これは、お客様から言われる言葉です。 特に石垣島の特産品として名実共に全国レベルになりつつある今、イメージダウンになるのでは?との声も時折聞かれます。 私たち川平ファームの栽培に対する「こだわり」についてぜひ一度お読みください。   石垣島産だけで続けられない4つの理由 私達家族は石垣島に移住して30年近くになりますが、その間地元の原料にこだわり、パッションフルーツ一筋に栽培から加工販売までを続けてきました。 しかし、やむを得ず海外で原材料の生産を考えはじめた理由が4つあります。 1.毎年襲来する台風被害 その一として、年々強くなって襲来する台風の被害です。果実の生産が少ない時はあまり影響はありませんでしたが、契約農家が増え、お得意様が増え始めると「台風で全部飛んじゃったさ〜!」では済まなくなってきました。 栽培を全て、無農薬・無化学肥料の露地栽培にしているため、台風の影響は馬鹿になりません。 2007年の台風13号のように、瞬間最大風速が90mを超えたと云われる猛烈な台風が増えています。ほんの数時間で1000万円を越す被害が出たことも実際にあります。 沖縄では露地栽培の果樹には共済保険がかけられません。 そのため、台風が強くなるにつれ契約農家の方達のリスクが大きくなります。 私達も契約農家の台風被害まで補償することは不可能です。 そこで台風の影響の無い地域での栽培を考え始めたのです。 2.海外からの類似品 その二は、石垣島でのパッションフルーツ加工品の評価が高まるにつれ、海外から類似商品が大量に輸入され始めたことです。当時はまだ海外の製品の添加物などの規制はゆるく、これが本当にパッションフルーツなの?という風味のジュースが堂々と "石垣島産" として出回り始めたのです。 味としては非常に甘く、川平ファーム製品の売れ行き自体への問題は無かったのですが、価格の安さで大手ホテルなどはこの格安のパッションフルーツジュースに飛びつきました。 島へ来られる観光客の方々が、朝のバイキング(ビュッフェ)でパッションジュースを飲むと「ふ〜ん。こんなもんか。」と、2度とリピートをしません。 商売は自由なので文句は言えませんが、せっかくパッションフルーツ自体に高い評価がで始めたのにこれではまずい!と云うことで、価格への対抗策を練り始めました。 しかし、石垣島産に比べると半値以下のためとれも対抗できませんでした。 3.島外へも目を向けて活性化を目指す その三は、島に暮らして初めて考えさせられた現実です。 当時、石垣島は自己財源率が20%台という貧しい自治体でした。大きなホテルやスーパーなどは島外企業のため、税金を落とすことも無く売り上げは全て島外へ出ていってしまいます。 子供達も高校を卒業すると90%が島外へ出ていきます。当然、大学へ通う費用も内地へ住む家庭よりも大きく、そのための資金は外から稼がなければなりません。 私は商工会の理事を12年程務め、主に特産品の開発指導を手伝っていました。石垣市の商工会の合言葉は「外貨(島外からのお金)を如何に稼ぐか?」でした。 私達の事業も、お客様のおかげで高い評価を得るに至りました。 そこで、私達が終の棲家として選んだこの地に少しでも役立てばと、できる範囲で大きくしてみようと考えました。 4.ウリミバエとの戦い 最後の理由。これはあまり声を大きく言えていないのですが、八重山ではウリミバエの根絶プロジェクトが国家事業として行われています。 [...]

22 11, 2017

爬虫類好きが高じて

トレードマークは頭に巻いたタオル 川平ファーム店内のお花や、サイエンスガーデンの管理をしています。 サイエンスガーデンからスイレン等の花を摘み、山盛りの花かごを持って川平ファームへ向かう姿をよく目撃されたりしていますが、普段はほぼ一日中ガーデンの管理をしています。 サイエンスガーデンをご利用のお客様は、質問等あればお答えしておりますのでお気軽にお声かけください。 さて、私の最初の記事ということで何を書こうかと悩みましたが、ここ最近の雨続きでサイエンスガーデンのネタがなかなか無いのでプロフィールに書かれているイグアナハンターについて書こうかと思います。 石垣島にはイグアナが増えているって知っていますか? イグアナハンターだとイグアナ専門になってしまいますが、正確には外来種専門の駆除、調査をする任意団体である「八重山ネイチャーエージェンシー」のメンバーです。川平ファームに隣接している石垣島サイエンスガーデンで働きながら、仲間と一緒に活動を行っています。 我々が団体を立ち上げるきっかけとなったのがグリーンイグアナで現在は石垣島の北部を中心に生息域を拡げてきています。 グリーンイグアナは樹上生活する大型の爬虫類で、大きな個体では180cmにもなりペットとしても広く愛される優秀で賢いトカゲですが、もちろん外来種です。 下の写真も、石垣島で捕獲したグリーンイグアナの写真です。 大きくなってしまうと、男性1人でも捕獲が難しい場合も出てきます・・・ 石垣島でも、現在はグリーンイグアナによる被害は出ておらず、問題は無いとされています。しかし、その大きさと生態から今後必ず問題は起こってくると考えています。 グリーンイグアナだけではないのですが、多くの外来種はその土地の在来種とは違ったたくましい生態を見せる事が多く、どんな専門家でも完全な予測は不可能だと言われています。 在来種の保護、そして将来の不安材料を取り除くには「駆除」しかありませんが、草食のグリーンイグアナはトラップにもかからないので現状は人の手による捕獲しか方法がなく後手にまわっている感が強いです。 駆除というと拒否反応を示す人も多いですが、私は何よりも爬虫類や両生類、ゴキブリまでも大好きなので、できれば駆除したくないのが心情です。憎むべきは最初に、野に放った人間で一番悪いのですが、日本では罰する法律が無いのも問題ですね。 さて、ツラツラと職場とは全く関係の無い話を書いてしましました。 このまま続けるととんでもなく長くなってしまうので今回はこの辺りでお終いにします。 また機会があれば外来種の話をするかもしれませんのでよろしくお願いします。 八重山ネイチャーエージェンシーと石垣島サイエンスガーデンは全く関係はありませんし、もちろんガーデン内にグリーンイグアナはおりません。セマルハコガメはおりますが・・・ 爬虫類好きの方も、爬虫類嫌いの方も安心して遊びにきてくださいね! ※入園受付は川平ファーム店内で行っております。お声かけください。     現在の主な仕事は・・・ ・アメリカザリガニの駆除生息調査 ・ヒアリの侵入モニタリング調査 ・外来魚の駆除生息調査 ・グリーンイグアナの生息域調査と駆除作業 お問い合わせはブログ・もしくはFacebookから

23 10, 2017

石垣島サイエンスガーデンについて

整備中にもかかわらず口コミで来園希望者が増えつつある「石垣島サイエンスガーデン」 川平ファームの海側、日本百景・西表石垣国立公園に含まれている景勝地である川平湾に面した約5,000坪のガーデンではパッションフルーツの畑や季節に合わせて咲き乱れるトロピカルプランツを楽しんでいただけます。 整備を始め10年以上経ちますが、ここ数年でやっと一般のお客様にもご覧いただける形になってきました。 ※草刈り直後はドローンでの撮影でも見映えする美しさです。 石垣島中央部には、沖縄最高峰の於茂登岳を中心に山が多く豊かな自然が残されています。 しかし山中には猛毒を持つハブやヒルが生息しており、個人で散策するには危険が伴います。 サンゴ礁に囲まれた海遊びに関してはダイビングなどのアクティビティも多いのですが、陸上の自然を楽しめる場所が少ない!もっと安全に自然に触れられる場所をと考えて作り始めたのがこのガーデンです。 昔は水牛の休息所。今はスイレンの池。 15年ほど前に縁あって昔水田だった耕作放棄地を入手したのが始まりで、入手当時は所々に開けた深い池がありそこから水牛が顔をだしていました。 この土地は土壌の湿気が多すぎたため、残念ながら大規模なパッションフルーツ栽培には向いていませんでした。そこで思い切って土を掘ってみると、背後にそびえる川平前嶺(300m程の山です)で集まった水が湧き出し、見事な池ができました。 この土地は石垣島では珍しく数メートル下まで真っ白な砂地で、石や赤土は全く出てきません。 それでも、黒真珠の養殖をしている川平湾を汚染することは絶対してはならないと、10年近くかけて少しずつ整備してきました。 ガーデン内の見本園で見られるパッシフローラの花々 年中楽しむ事のできるネッタイスイレン 色鮮やかな熱帯植物に囲まれて 園内は、パッションフルーツの見本園を始め、国内では希有な年間を通して咲き乱れる青・紫・桃色などの熱帯スイレンの池や、100種類以上のプルメリアの他多くのトロピカルプランツに囲まれ、ゆったりとした時間を過ごせます。 40年以上無農薬・無化学肥料の土壌なので、絶滅危惧種の水生昆虫やトンボなど珍しい生物がガーデン内5面ある池の周りで数多くみることができます。 また、園内のクリークにはマングローブ林が広がっており、塩の満ち干に応じて多くの蟹類やミナミトビハゼ(とんとんみー)などを安全に観察することができます。 マングローブでは目をこらせば小さな生き物がたくさん これから本格的な開園に向けての整備に入りますが、見学ご希望の方は既に受け入れておりますので、お問い合わせください。 川平ファームの店舗にて受付とご説明をさせていただきます。 ガーデンの日々折々はフェイスブックにUPしているので、ぜひそちらもご覧んください。