海外に農園を構える理由

今回は、私たちが作るパッションフルーツ製品の原料についてのお話をしたいと思います。 創業以来15年程は石垣島産にこだわり続けた私たちですが、現在は原料の90%はフィリピンの直営農園で生産しています。 なぜ海外にも農園があるの? これは、お客様から言われる言葉です。 特に石垣島の特産品として名実共に全国レベルになりつつある今、イメージダウンになるのでは?との声も時折聞かれます。 私たち川平ファームの栽培に対する「こだわり」についてぜひ一度お読みください。   石垣島産だけで続けられない4つの理由 私達家族は石垣島に移住して30年近くになりますが、その間地元の原料にこだわり、パッションフルーツ一筋に栽培から加工販売までを続けてきました。 しかし、やむを得ず海外で原材料の生産を考えはじめた理由が4つあります。 1.毎年襲来する台風被害 その一として、年々強くなって襲来する台風の被害です。果実の生産が少ない時はあまり影響はありませんでしたが、契約農家が増え、お得意様が増え始めると「台風で全部飛んじゃったさ〜!」では済まなくなってきました。 栽培を全て、無農薬・無化学肥料の露地栽培にしているため、台風の影響は馬鹿になりません。 2007年の台風13号のように、瞬間最大風速が90mを超えたと云われる猛烈な台風が増えています。ほんの数時間で1000万円を越す被害が出たことも実際にあります。 沖縄では露地栽培の果樹には共済保険がかけられません。 そのため、台風が強くなるにつれ契約農家の方達のリスクが大きくなります。 私達も契約農家の台風被害まで補償することは不可能です。 そこで台風の影響の無い地域での栽培を考え始めたのです。 2.海外からの類似品 その二は、石垣島でのパッションフルーツ加工品の評価が高まるにつれ、海外から類似商品が大量に輸入され始めたことです。当時はまだ海外の製品の添加物などの規制はゆるく、これが本当にパッションフルーツなの?という風味のジュースが堂々と "石垣島産" として出回り始めたのです。 味としては非常に甘く、川平ファーム製品の売れ行き自体への問題は無かったのですが、価格の安さで大手ホテルなどはこの格安のパッションフルーツジュースに飛びつきました。 島へ来られる観光客の方々が、朝のバイキング(ビュッフェ)でパッションジュースを飲むと「ふ〜ん。こんなもんか。」と、2度とリピートをしません。 商売は自由なので文句は言えませんが、せっかくパッションフルーツ自体に高い評価がで始めたのにこれではまずい!と云うことで、価格への対抗策を練り始めました。 しかし、石垣島産に比べると半値以下のためとれも対抗できませんでした。 3.島外へも目を向けて活性化を目指す その三は、島に暮らして初めて考えさせられた現実です。 当時、石垣島は自己財源率が20%台という貧しい自治体でした。大きなホテルやスーパーなどは島外企業のため、税金を落とすことも無く売り上げは全て島外へ出ていってしまいます。 子供達も高校を卒業すると90%が島外へ出ていきます。当然、大学へ通う費用も内地へ住む家庭よりも大きく、そのための資金は外から稼がなければなりません。 私は商工会の理事を12年程務め、主に特産品の開発指導を手伝っていました。石垣市の商工会の合言葉は「外貨(島外からのお金)を如何に稼ぐか?」でした。 私達の事業も、お客様のおかげで高い評価を得るに至りました。 そこで、私達が終の棲家として選んだこの地に少しでも役立てばと、できる範囲で大きくしてみようと考えました。 4.ウリミバエとの戦い 最後の理由。これはあまり声を大きく言えていないのですが、八重山ではウリミバエの根絶プロジェクトが国家事業として行われています。 [...]