世界中で愛されている植物パッシフローラ(パッションフルーツ)

その理由のひとつでもある、興味深い歴史についてご紹介します

1553年

パッシフローラが歴史上初めて文献に現れたのはCieza de Leon が残した書籍である。彼はその中にこう記している

私はペルーの原住民の村で「granadilla(小さなザクロ)」と呼ばれるとても美味しく香りの良い果物に出会った。

 

1569年

Nicolas Monardesというスペイン人医師が「西インド諸島からもたらされた有用医薬(植物・ハーブ)」という書籍を出版する。そしてその二版にgranadillaの研究論文が掲載された

ペルーの山中で見た植物は「granadilla」と呼ばれていた。その植物はツタのようにそこら中にからみついていた。そのツタの中に美しく咲き誇る花々やぶらさがっている果実のある風景はとても美しいものだった。その花は白いバラのように見えたが、花形はまるで「Passion of Jesus Chris(キリストの受難)」を象徴しているかと思うような形をしていた。

 

 ※アッシジのフランチェスコ(1181~1226年)が、「キリストが磔になった十字架の上に美しく咲く花」を夢に見たと話し、宣教師がその後パッシフローラを見て「この花こそ十字架の上に咲く花だ」と信じ伝えてきた。という説もある。

 

1590年

スペインの修道士Jose De Acosta が著書 Historia Naturall
y Moral de las 
Indiasの中でgranadillaについてこう語っている

このGranadillaという花は称賛に値する特徴を持ち揃えている。
キリスト磔のシーンに出てくる、磔にした釘・十字架・棘の冠・鞭そしてキリストの傷を思わせるのである。これらのパーツがそれぞれ同化する事なく一つの花の中に存在しているのである。この花を観察し、特徴を探すのにあたり、受難のシーンを思い描いては私の信仰心も少し痛んだのだった。

16世紀 ~ 17世紀

この間、多くの国でパッシフローラは多種多様な専門家によって研究され、新しい品種の発見と記録が残されてきた。その中でも医療関係の専門家の文献が多いのは、この植物が医薬ハーブとして特にヨーロッパなどで使用されていたからだと思われる。また、修道士などによる「キリストの受難」としてのシンボルとしても使われる事もありローマ教皇パウルス5世への献上品のテキスタイルの模様などとしても使われていた。

この時代のパッシフローラの植物画は、キリストの受難とのつながりを強く感じさせるものが多く、またその解釈の仕方も様々である。

1737年

生物分類法のシステムを発案したリンネ(Linnaeus)により、宗教的そして神秘的な意味合いを込めてこの植物を正式に「Passiflora」と名付けた。

現在 そして 日本の歴史上では

日本の歴史上では秀吉時代に持ち込まれたとも、享保5年(1720年)が初渡来だとも言われている。
1800年ごろには日本でも冬越しができるようになり、その風変わりな花は人々の興味をそそりたくさんの図が残されてきています。
「梅園百花画譜」の中でもその絵を確認する事ができます。

そして現在まで世界中で園芸種やハイブリット種を含め600種を超える品種が確認されている。
違う株の花粉を混ぜ合わせる事によって、簡単にハイブリット種を作る事ができるためその数は現在も増え続けている。

参考文献:Passiflora Passion flowers of the World
by Torsten Ulmer & John M. MacDougal

梅園百花画譜 夏部1-4

Origin

名前の由来

パッシフローラはこのような歴史からラテン語「Passi : キリストの受難」から由来した「Passiflora」と名付けられたといわれています。

日本では花形が時計の長針や秒針、文字盤などにも見える事から「時計草」と呼ばれています。

パッシフローラの果実が実る品種を総称して「パッションフルーツ」呼ばれています。正確には品種によって果物の色・香り・味が変わってきます。
他にも下記のように、世界中の国々で様々な呼び名を持っています。

Malakuja(マラクジャ) ブラジル maracuya(黄)gulupa(紫) コロンビア
Parchita(パルチータ) ベネズエラ Sweet cup ジャマイカ
百香果(パイシャンコウ) 台湾・中国 Calala ニカラグア
Lilikoi ハワイ Parcha プエルトリコ
Guavadilla(黄)Granadilla(紫) 南アフリカ Chinola ドミニカ

boss2

 

私はこう思う!

「キリストの受難」という語源のPassionfluitは辞書などでは「情熱果実」と訳されることが多々あります。しかし、本来の意味は「受難」で、キリストの磔(はりつけ)のシーンと花の形状の相似性から、そう呼ばれたという諸説が有ります。

3つに分かれた雌蘂、5本の雄蘂、放射状に広がる糸状の副花冠、5枚の花弁と5枚の萼片。

「3つに分かれた雌蘂は人の形、又は十字架を表す」と記録されている説があります。実際に栽培してみると、雌蘂が4本の物が時折出てきます。その姿はまさに十字架そのものに見えますが、とても希なのでこの雌蘂は十字架に貼り付けられたキリストとみるのが妥当でしょう。

5本の雄蘂は打たれた釘又は傷を表すとされています。
糸状の副花冠は棘の冠とされていますが、多くの絵画に見られるキリストの頭部から差し込む輝く光輪とも見えます。
パッシフローラの種類の多くは5枚の花弁と5枚の額片が非常に類似しており、全て花弁に見えます。
これは弟子の数(人の使徒という説ですが一般的には人と云われており?がつきます。)等諸説があります。

国内では、何故が「受難」「情熱」か、深~く掘り下げた田中千鶴香(実務翻訳者)のブログ「意味がいっぱい」が大変に興味深い。

記事はこちらから