樹 種 常緑・多年生つる性草本
 原産地  中南米
 収穫期  4月~7月・11月~12月(沖縄・石垣島)
7月~8月・11月~12月(その他国内)
※気温・環境によって収穫期は異なります。
 代表的な食用品種 Passiflora edulis sims(赤紫玉)Passiflora edulis flavicarpa(黄玉)
 栄養成分  βカロテン・ビタミンB6・クリプトキサンチン
カリウム・ナイアシン・葉酸
 関 連 Passiflora(時計草)
園内に咲くPassifloraについて

パッションフルーツとは世界中に600種以上存在するPassiflora(パッシフローラ)の中でも果物を実らせる数十種類の事を主に指します。その美しい花の形は時計を想像させ、和名をクダモノ時計草と呼ばれています。

品種によって、酸味・甘み・香りが異なり、原産地である中南米(熱帯の地域など)ではその土地にあった品種で栽培が続けられてきており、国内では鹿児島・小笠原・沖縄などで主に栽培されています。またゴーヤに代わる緑のカーテン(グリーンカーテン)としても多く栽培が増えています。

豊富な栄養素でも知られており、現在では皮・種においても医学的研究が進められている。

また、花粉を混ぜる事によって交雑種ができやすい事もあり、海外ではHybrid(ハイブリッド種)として新しい品種が個人マニアの間でも盛んに作られています。

Efficacy

効 能

カリウム
βカロテン
ビタミンB6
葉酸
ナイアシン

パッションには他の果物に比べて特にカリウム・βカロテン・ビタミンB6・βクリプトキサンチン・パントテン酸・ナイアシン・葉酸が多く含まれており、老化防止、高血圧予防、動脈硬化予防、貧血予防、また皮膚や粘膜の健康維持を補助してくれるため美容にもいいとされています。

また品種や生育時期よっては、葉や茎などに毒性(主に青酸)がありますが、チャボトケイソウ(incarnata)は歴史的にヨーロッパなどでも医薬としてや、鎮静効果の高い代表的なハーブティなどとして使われています。精神安定、不眠症緩和、気力回復などの効能で知られ、現在では日本国内でも薬用ハーブとして知られている。

HOW TO EAT

食べ方

パッションの果実は完熟して自然に落下する1週間前後に糖度と香りが最大になると云われています。そのため、蔓からもぎ取って収穫するのではなく、完熟して自然落果したものを選びます。

丸い卵状の形をしている果実は収穫(自然落果)直後は艶もあり、果皮にも硬さがあるが、日にちが立つほど皺がでてきて柔らかくなってきます。

通常、パッションフルーツは表皮が皺になってから食べる様にと云われますが、完熟して自然落下した物はそのままで充分美味しく食べられます。かえって輸入物は表面処理した物が多く、皺になりにくいため長期間置いておくと、中の水分が全て無くなってしまう事もあります。

黄色種はやや酸味が強く、赤紫種は酸味が弱い(甘みをより強く感じます。)と云われています。特に生食用はPassiflor edulis sims(赤紫で小ぶりで艶のあまりないもの)が最も美味しいようです。

 

果実を半分に切り、スプーンで種ごとすくって食べます。種にも栄養素が含まれているので、種をかみ砕きながら食感をたのしむのも噛まずに喉越しを楽しむのもおすすめです。
また、ケーキやお菓子などを作るときにアクセントとして使われることもあり視覚的にも楽しむ事ができます。

原産地の中南米でも、果汁を種ごとすくいだし冷水やお湯などを加え(場合によっては砂糖を加え)ジュースとしても楽しまれています。
果物を使ってジャムやジュースを作る際には、種ごと使用してもいいですし、絞った果汁のみを使用すると色味も綺麗に保てます。

 

Preservation method

保存方法

室温で保管しておくと徐々に皺が出てきます。より、長く保管したい場合は新聞やポリ袋に入れ野菜室で保管していただけます。

そのほかにも、果汁をくりぬき冷凍保存しておく事もできます。

パッションフルーツの歴史
パッションフルーツの栽培方法