新年早々、たくさんのお客様にご来店いただきありがとうございます!
皆様とたくさんお話しすぎて少し喉をやられておりましたYukiです。

本日は当店の人気商品のこだわりや、利用方法などをご紹介したいと思います。
川平ファームのパッションジュースは2種類ご用意してるのですが・・・

パッションフルーツドリンク (加糖タイプ)

パッションフルーツジュース100(無糖タイプ)

こちらのうちの、創業来の看板商品「パッションフルーツドリンク(加糖タイプ)」についてご紹介します。
この製品を作りはじめて、29年ほどになりますが長い間愛される理由がわかるかも知れませんね。
これを読んだ後には、パッションジュースが飲みたくなってしまうかも?

 

川平ファームの4つのこだわり
IMG_5566


1.栽培にとことんこだわる


川平ファームのパッションフルーツ製品は、種蒔きから始まります。
自社農園や栽培指導をしている契約農家の皆さんと無農薬・無化学肥料栽培で育てるパッションフルーツだからこそ、安定した美味しいジュースを作ることがでています。

パッションフルーツは完熟すると自然に地面に落下します。
完熟するまえに収穫してしまうと、糖度も酸味も香りもどこか物足りない状態になってしまうんです。
もちろん私たちが収穫している果物は自然落下した完熟した果物だけを選別しています。


2. 人の五感を使って選別


実はパッションフルーツは外見だけでは品質が判断できない曲者なんです。

見た目はツヤツヤでキレイ!でも、香りや味がダメなもの
見た目は悪い!でも香りも・味もピカイチなもの
そんな果実を選別するのは全て、スタッフの五感なんです。
1個ずつカットし、中身の色や香りなどを確認しながら果汁を取り出します。この作業をすべて手作業で行うことで、川平ファームのパッション製品の品質が保たれています。
オートメーション化された加工所ではできない作業のため、大量生産はできません・・・だからこそ美味しい原材料を作ることができています。

process

 


3. グラニュー糖を使う理由


yellowpassion川平ファームのパッションフルーツ製品は全て「パッションフルーツの黄玉」から作られています。
黄玉の特徴は、果実が大きいこと&香りがいい&すっぱい!
私は黄玉を食べるときはハチミツをけっこうかけて食べています・・・なので生で食べる果実なら「赤玉」のほうがおすすめです。

そんな黄玉の果汁だけで作られたパッションフルーツジュース100%は果物そのままの酸味が特徴です。
酸味の感じ方には個人差があるため、酸っぱすぎて飲めない!という方も結構いらっしゃいます。
たくさんの人に美味しく飲んでもらいたい。パッションフルーツドリンクはそんな思いから、絞った果汁に「グラニュー糖」を入れることで酸味と甘み両方を楽しめるジュースになっています。

なぜ 「グラニュー糖」 なのか?

最近は、健康面を考えて三温糖やてんさい糖、ココシュガーなどが人気ですが・・・もちろんいろいろと試したのですが、やはり最終的にはグラニュー糖が一番だったんです。

その理由は「果実そのままの風味を活かしたまま加工ができること」でした。他のお砂糖だと、その砂糖自体の香りや風味が強く出てしまい、色合いも変わってしまいます。

果物らしさを保つ為にも、グラニュー糖を使い様々な配合率を試す事で爽やかな酸味と優しい甘みのジュースを作る事ができました。

 

ちなみにグラニュー糖しか加えていません。
なので、その年収穫された果実の風味によって若干の味の差が出てしまいます。
酸味が強みにでる事もあれば、マイルドな仕上がりになる事も・・・
添加物を加えて味を調整するのではなく、その年毎のパッションの味を楽しんでいただければと思います。

 


4. 濃縮還元じゃない!


声を大にして叫びたい!

「川平ファームのジュースは濃縮ジュースじゃないですよ!」

果汁自体の味も濃いので、基本的には薄めて飲んでいただくことをおすすめしていますが、あくまでも「飲み方」であって濃縮還元ジュースではないんです。

noushuku
濃縮ジュースの場合、搾汁したジュースの水分を飛ばして濃縮します。
そして再度加工する際に、再度水分を加えて元の濃度に戻す事を「濃縮還元」といいます。
濃縮する際に、水分と一緒に香りも失われてしまうので、加工する際に水分と一緒に香料や添加物などを加える場合が多いです。

濃縮する事によって、輸送コストの削減や保管場所の確保等がしやすくなる製法です。

kabirajuice川平ファームのジュースは、果実に包丁をいれてから10分以内には急速冷凍しています。
すぐに冷凍する事で、発酵を抑え果物の風味を可能な限り保ちます。
そして瓶詰めする際には、水分で薄めたりせずに加熱殺菌する事でしっかりと保存できるが果物の風味をもった味わいに仕上げています。

濃縮は一切していませんが、パッション本来の酸味も強いため飲んでいただく際には4〜5倍に希釈してのご利用をおすすめしています。

少しややこしいのですが、「濃縮ジュース」ではなく「薄めて飲むジュース」という事です!カルピスと同じ感じですね!

 

パッションの楽しみ方は千変万化!

enjoybanner


 喉越し爽やかなジュースとして


1:4ぐらいの割合。低脂肪牛乳でわると美味しい!

1:4の割合。低脂肪牛乳でわると美味しい!

1:3ぐらいの割合。お湯割はほっとできる味に。

1:3ぐらいの割合。お湯割はほっとできる味に。

パッションフルーツドリンクを4〜5倍に薄めることで、様々な飲み物として楽しんでいただけます。

一番ベーシックな冷水で希釈したパッションジュースは果物の鮮やかな酸味と優しい甘みで喉越しすっきりな味に仕上がります。
当店でも常連のお客様に人気なのがパッションドリンクの低脂肪牛乳割りなんです!まろやかになった酸味と牛乳のコクでどことなく飲むヨーグルトのような風味に変わります。
こちらは牛乳が苦手な方でも飲めるようになると好評です。

少し寒い時には、濃い目にお湯で割るのもおすすめです。冬の石垣島では割とこのホットパッションも人気なんです。
その他にも炭酸水・ジンジャエール・カルピス・ポカリ・アイスティーそして石垣島の定番のクールなどで割っても美味しいですよ!


 オリジナルのカクテル風に


お酒を楽しむ方には是非パッションを少し加えて試していただきたいです!

泡盛・焼酎・日本酒・ウォッカなど、どんなお酒と合わせていただいても様々な風味を楽しめます。
もちろんビール割も美味しいですよ。お好みのビールに30cc程度を加えていただければ、アクセントになりとてもフルーティに変身します。

当店のジュースを使ってご自身でサイゴン・クラッシュを作られているお客様に先日レシピを教えていただいたので私も試してみたいと思います。


ソースやシロップとしても大活躍


そのままかき氷のシロップとして

そのままかき氷のシロップとして

薄めたりせず、そのままでソースやシロップとしてもご利用いただけます。
かき氷やヨーグルトはもちろん、市販のアイスクリームやパンケーキ、ワッフルなどにアクセントとして添えるだけでパッションの甘みと酸味が美味しさを引き立ててくれます。

調味料や隠し味としても
果物本来の酸味と、グラニュー糖のクセの無い優しい甘みは、お菓子作りやお料理の隠し味としてもご利用いただいています。
チーズケーキに隠し味で加えたり、ゼリーやシャーベットを作ったりといろいろ使えるかと思います。
お肉料理のソースなどを作る際に少し加えるだけで、香りが引き立ち少しおしゃれな一品になりますよ!(お客様に教えていただきました)

私たちが「ジュース」として作ってきたパッションフルーツドリンク&ジュースですが、最近ではお客様から面白い使い方を教えていただける事が多いんです。
目から鱗のレシピを教えていただいたりと、学ぶ事ばかりなのですが、もし面白い使い方されている方がいらっしゃったら是非教えていただきたいです。

もちろん営業トークの一部として使わせていただきます!

 

 

最後に

川平ファームiTQi2017三ツ星受賞/Passionfruit drink was awarded 3 stars for iTQi 2017

いかがでしたでしょうか?ジュース飲みたくなりませんか?
書いていていくうちに細かい成分まで語り出しそうになってしまいましたので、今回はここらへんにしておきます。栄養成分や効能などはまた別の機会にご紹介しますね。
パッションフルーツにはおすすめしたい効能や、成分がたくさんありますのでお楽しみに!

今回ご紹介したパッションフルーツドリンクは川平ファーム直営店・直営オンラインストア・石垣島内おみやげ店・沖縄アンテナショップ「わしたショップ」にてご購入いただけます。
その他ご質問などお気軽にお問い合わせください!

そして4月には東京の物産展が決定しておりますので、そちらでもお買い求めいただけます。
また詳しく決まりましたらご報告させていただきます!