Monthly Archives: 11月 2017

­
22 11, 2017

爬虫類好きが高じて

トレードマークは頭に巻いたタオル 川平ファーム店内のお花や、サイエンスガーデンの管理をしています。 サイエンスガーデンからスイレン等の花を摘み、山盛りの花かごを持って川平ファームへ向かう姿をよく目撃されたりしていますが、普段はほぼ一日中ガーデンの管理をしています。 サイエンスガーデンをご利用のお客様は、質問等あればお答えしておりますのでお気軽にお声かけください。 さて、私の最初の記事ということで何を書こうかと悩みましたが、ここ最近の雨続きでサイエンスガーデンのネタがなかなか無いのでプロフィールに書かれているイグアナハンターについて書こうかと思います。 石垣島にはイグアナが増えているって知っていますか? イグアナハンターだとイグアナ専門になってしまいますが、正確には外来種専門の駆除、調査をする任意団体である「八重山ネイチャーエージェンシー」のメンバーです。川平ファームに隣接している石垣島サイエンスガーデンで働きながら、仲間と一緒に活動を行っています。 我々が団体を立ち上げるきっかけとなったのがグリーンイグアナで現在は石垣島の北部を中心に生息域を拡げてきています。 グリーンイグアナは樹上生活する大型の爬虫類で、大きな個体では180cmにもなりペットとしても広く愛される優秀で賢いトカゲですが、もちろん外来種です。 下の写真も、石垣島で捕獲したグリーンイグアナの写真です。 大きくなってしまうと、男性1人でも捕獲が難しい場合も出てきます・・・ 石垣島でも、現在はグリーンイグアナによる被害は出ておらず、問題は無いとされています。しかし、その大きさと生態から今後必ず問題は起こってくると考えています。 グリーンイグアナだけではないのですが、多くの外来種はその土地の在来種とは違ったたくましい生態を見せる事が多く、どんな専門家でも完全な予測は不可能だと言われています。 在来種の保護、そして将来の不安材料を取り除くには「駆除」しかありませんが、草食のグリーンイグアナはトラップにもかからないので現状は人の手による捕獲しか方法がなく後手にまわっている感が強いです。 駆除というと拒否反応を示す人も多いですが、私は何よりも爬虫類や両生類、ゴキブリまでも大好きなので、できれば駆除したくないのが心情です。憎むべきは最初に、野に放った人間で一番悪いのですが、日本では罰する法律が無いのも問題ですね。 さて、ツラツラと職場とは全く関係の無い話を書いてしましました。 このまま続けるととんでもなく長くなってしまうので今回はこの辺りでお終いにします。 また機会があれば外来種の話をするかもしれませんのでよろしくお願いします。 八重山ネイチャーエージェンシーと石垣島サイエンスガーデンは全く関係はありませんし、もちろんガーデン内にグリーンイグアナはおりません。セマルハコガメはおりますが・・・ 爬虫類好きの方も、爬虫類嫌いの方も安心して遊びにきてくださいね! ※入園受付は川平ファーム店内で行っております。お声かけください。     現在の主な仕事は・・・ ・アメリカザリガニの駆除生息調査 ・ヒアリの侵入モニタリング調査 ・外来魚の駆除生息調査 ・グリーンイグアナの生息域調査と駆除作業 お問い合わせはブログ・もしくはFacebookから

15 11, 2017

離島フェア2017に出店いたします。

11月17日・18日・19日に行われる、「離島フェア2017」に出店いたします。 石垣島から、定番のパッションフルーツ製品・ココナッツ製品・ギフトセットそして新商品のパッションフルーツシードオイルを持って向かいます。 沖縄本島にお住みのお客様、沖縄本島に滞在中の観光のお客様、たくさんの方にお会いできるのを楽しみにしています。 離島フェア2017 会場:沖縄セルラーパーク那覇(那覇市奥武山) 日程:平成29年11月17日(金)〜19日(日) 時間:午前10時〜午後7時まで(最終日は午後6時半閉会) http://okinawa-ritoufair.jp/ ※2016年の離島フェアの様子。 皆様にお会いできるのを楽しみにしています!

11 11, 2017

それぞれの名前の由来

パッションフルーツの魅力の一つとも云える、名前の由来についてご紹介したいと思います。 Passion Fruit (学名:Passiflora)は翻訳辞書などでは「情熱果実」と訳されることが多々あります。 しかし、本来の意味は「キリストの受難」でキリストの磔(はりつけ)のシーンと花の形状の相似性からそう呼ばれているそうです。   象徴的な花の特徴 3つに分かれた雌しべは「人の形、または十字架」を表すと記録されている説や 「打たれた釘」説があります。実際に観察してみると、雌しべが4本のものが時折出てきます。 その姿はまさに十字架そのものに見えますが、稀なのでこの雌しべは十字架に磔られたキリストとみるのが妥当ではないかと私は思います。 5本の雄しべは「打たれた釘または傷」を表すとされています。 糸状の副花冠は「棘の冠」や「鞭」という説がありますが、多くの絵画に見られるキリストの頭部から差し込む輝く光輪にも見えるような気がしますね。 パッシフローラ(トケイソウ)の種類の多くは5枚の花片と5枚の萼片が非常に類似しており、全て合わせると10枚の花片のように見えます。 これは弟子の数(10人の使徒という説ですが、一般的には12人と云われており?がつきます。)等諸説あります。 この花の花言葉が「聖なる愛(holly love)」・「信仰(faith)」・「宗教的情熱(religious fervour)」と言われているのも、まさに名前の由来から来ているのでしょう。 川平ファームのホームページでは実際に文献などに現れているパッシフローラの歴史についてもご紹介しています。 こちらからごらんください。 他の方のブログでパッションの名前の由来について調べられている方も多いのですが、なぜ「受難」と「情熱」という両極端な意味合いを持っているのかを深〜く掘り下げた田中千鶴香さん(実務翻訳者)の記事で4回に渡って考察されています。 「苦しむ」という意味のラテン語がpassionのルーツであるなら、「キリストの受難」の意味で使われるようになった経緯は容易に想像できる。だが「情熱」の意味はどこにいったのだろう。passionは一体いつから「情熱」の意味で使われるようになったのだろうか。 「意味がいっぱい -『英文教室の講義を受けて』内より-」田中千鶴香(実務翻訳者) 個人的に大変興味深く、またパッションの新たな一面を知るきっかけにもなりました。 パッションフルーツがお好きな方には、ぜひ一度読んでいただきたい内容です。 美しい歌声に魅了されて ところで、川平ファームには直売のパーラー兼ショップがあります。 創業当時の名前は「Coccala(こっかあら)」で、現在もお店の看板として残っております。 創業以来の常連様は今でも「こっかあら」で認識されている方もいるかもしれません。 この意味は看板に彫られているようにアカショウビンの石垣方言です。 島の中でも「コッカアラ」や「コッカルー」など字(住んでいる場所)によって微妙に異なります。 いずれもこの鳥の鳴き声が由来と云われます。 3月末に南から渡ってきて、島で子育てをし、9月末頃に南に戻って行く渡り鳥です。 カワセミの仲間で、鮮やかな赤色の大きなクチバシと、飛び去る時に背中に白色と青の斑紋を持ち、朝夕透き通った声で鳴き渡るのが特徴です。 大きなクチバシでカタツムリなどを捕って、医師などに叩きつけて割って食べます。 道具を使う珍しい鳥で、時折林の中からカツンカツンと殻を割る音が響いてきます。 特に川平ファームの周辺では多く見られ、季節になると店のテラスや駐車場などで見ることもできます。 [...]

7 11, 2017

パッションフルーツシードオイル新発売

以前より開発をしていた、パッションフルーツシードオイルが発売となりました。 川平ファームが管理する自然栽培の農園からとれたパッションフルーツ種子を使い 低温圧搾法(コールドプレス)で絞り、1滴ずつゆっくりとろ過した種子オイルです。 25mlのオイルを絞るのに約10,000粒以上の種子を使っています。 食用オイルとして試作していたのが始まりですが、サンプルを試した方達から美容オイルとして使用しているという声が多く、川平ファームとして初めて食品以外の製品を製造する事となりました。 製造するにあたり、琉球大学認定の琉球ボーテ 株式会社様にご協力していただきました。[/fusion_text] 肌のうるおいを保ち、肌馴染みが良く柔軟性を高めてくれます。肌なじみも良く、基礎化粧やマッサージ・ヘアケアの仕上げなどにおすすめです。 リノール酸:63% パルミチン酸:12% ステアリン酸:3% オレイン酸:13% 現在こちらのシードオイルは、石垣島川平の実店舗もしくは川平ファームオンラインストアのみで販売となっております。ご購入のお客さまそちらをご利用ください。 業務用でのご利用や、卸としてのご希望の方は一度お問い合わせください。